乳輪が大きくて恥ずかしい

乳首や乳輪が小さいのが理想のバスト・・・日本ではそのように考える女性が多いかもしれません。
それは日本人男性が乳首や乳輪が小さいバストを好む傾向にあるからだと思います。

その為、乳首や乳輪が大きくて悩んでいるというような声もよく聞こえてきます。
特に多い声として、乳輪が以前は大きくなかったのに、いつの間にか大きくなっていたというお悩みです。

乳輪の大きさはバストのサイズと比例するとよく言われますが、これには諸説あるようです。

乳輪が大きくなる原因は、遺伝や妊娠による女性ホルモンの変化、また自律神経によるものもあるようです。

妊娠すると授乳に備え、バストが大きく発達していきます。そのバストの発達に合わせて乳輪も大きくなると言われています。
また乳輪が黒くなるのは、女性ホルモンの一種である「プロゲステロン」がメラニンの生成を増やしてしまうことが原因とされています。
その他の原因として自律神経の乱れもあります。自律神経の乱れは女性ホルモンのバランスにも影響しますので、乳輪を大きくしたり黒くしたりする原因になることもあるようです。

バストのお手入れに クリームランキングをチェック!